沖縄で開催されているSakurazaka ASYLUM、福島で開催されているASYLUM in Fukushima、そしてkoshigaya ASYLUMのロゴデザインは紅型屋紅天 乙黒信さんがデザインしています。

 koshigaya ASYLUMは4/20(土)から始まりますが、ひと足早く4/17(水)から越谷市のCAFE803にて乙黒さんの紅型染め展と紅型染付のワークショップが開かれます。是非、乙黒信さんの世界観を堪能して下さい。

 

会期:2019年4月17日(水)〜23日(火)

時間:9:00〜18:00(平日) 9:00〜17:00(土・日)

会場:CAFE803(カフェハチマルサン)

 

作家略歴

乙黒信(おとぐろまこと)

1972、沖縄本土復帰の年に東京にて生まれる。

母親が沖縄の人だったので、幼いころよりいつも母親越しに見える沖縄に、強く想いを馳せていたように思う。

東京デザイナー学院ファッションデザイン科卒。

面白い生地を探し求めた結果、自ら生地を染めるようになる。

数年ロウケツ染めや筒染めでの活動を経て型染に興味を持つ。

型染=紅型=やるなら沖縄へ。と言う思考連鎖で2003年沖縄移住。

りゅうきゅう紅型事業協同組合、後継者育成事業卒。沖縄工芸指導所卒。

現在「紅型屋・紅天(べんてん)」を主宰。

沖縄は桜坂、そして福島、埼玉で開催される

音楽とアートの街フェス ASYLUM のそれぞれのロゴデザインを紅型染めにて担当。

また沖縄の草木染めと紅型染めを施して洋服作りなども展開する。

 

琉球紅型

琉球紅型は、1415世紀に

始まったとされる沖縄で生まれ育った

唯一の染物です。

小さな島国であった琉球は

文化のアジマー(交差点)として

多種多様な文化を自らのものへと

昇華してきました。

紅型もまた、中国や印度、ジャワ、東南アジア

などの染色技術が伝わり、やがて沖縄の

気候風土と自然に育まれながら

もともと沖縄にあった染色技法と相まって

琉球王府保護のもと

南国特有の神秘的な美しい染物へと昇華していきました。

長い歴史と風土に培われた

王朝時代から今に伝わる紅型染め。

出来るだけ身近に感じていただけますよう

染めさせていただき

今回は展示させていただきます。